ゴールドソフト,高級食パン,誕生日ケーキ,バースデーケーキ,パン,誕生日デコ,ケーキ,誕生日
トップページ :: ゴールドソフト :: ゴールドソフトができるまで
お買い物方法
買い物かごの確認

ゴールドソフトが出来るまで
ゴールドソフトっていったいどうやって作られるんだろう? 工場全景

まず、身支度から

工場を見学するにはまず、身支度から。
みんなの口に入る食品を扱っているところなので、衛生にはとっても
気を付けています。

専用の白いユニフォームと靴、それから耳まですっぽり隠れる
帽子をかぶって、粘着ローラーで身体についた髪の毛やほこりを
完全に取り除いてから工場の中に入ります。
粘着ローラーで全身きれいにしてマスクを付けます

1.中種を作る


まず、中種(なかだね)と言われるパン生地のもとを作ります。
原料の小麦粉と水、イーストをこの大きなミキサーでよく混ぜます。
この中種を一度発酵させてから残りの材料を混ぜてパン生地にします。
こうして二段階にわけることでじっくり発酵させることができます。
2.発酵 よく混ざった中種を大きな箱に入れて室温27℃・湿度80%ぐらいのあたたかい部屋(発酵室)に4時間置きます。
これはイーストの好む環境なので
活発にはたらいて中種のなかにガスがうまれ、元の倍くらいにふくらみ
ます。

3.生地を作る

よくこねられた生地は薄くよく伸びます。


ふくらんだ中種に残りの小麦粉と水を足し、たっぷりの生クリームとバター、砂糖、
塩を入れてもう一度こねます。普通の食パンは材料を入れるのも機械で自動
ですが、ゴールドソフトはこうして手で入れています。こねるのは機械ですが、
そばでずっと人が見ていて、こね具合をきびしくチェックしています。
手触りやにおいから永年の経験でこねあがりを見極めます。
4.小さく分けて型に入れる
少し休ませたあと、1斤分ずつの大きさに切り分け、丸い形に整えてまた休ませ、少し発酵させます。生地をうすくのばしてガス抜きし、棒のように巻き、おりまげて四角い型につめます。
そのあと、第2発酵室でさらにふっくらと発酵させます。 焼く前にもう一度発酵させることで、しっとりしたソフトなパンに仕上がります。
4.型に入れています
5.焼く

第2発酵が終わったらいよいよパンを焼きます。焼き上がりまで30分くらい。あたりに香ばしい、いい匂いがたちこめます。
パンをケースから出したら、すずしい部屋に置いて冷まします。

焼き立ては湯気が立つほど熱々で、いい香りがたちこめます

6.袋詰め

熱が取れたら袋に入れて
箱詰め。その後トラックで
皆さんのお近くのデイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストアー、ニューヤマザキデイリーストア各店に届けられます。

ゴールドソフトについて伺いました
ゴールドソフトは究極の食パンと聞いておりますが、どの様なパンなのでしょうか?
原料では、
小麦粉:カナダの高級小麦から挽いた粉をブレンドした上級小麦粉を使用し、
サックリとしたくちどけの良い食感に仕上げております。
生クリーム:当社通常市販のクリーミーゴールドの2倍の量を配合し、更にマイルドな味わいに仕上げました。
バター:サンロイヤル食パンの2倍以上バターを使用し、バターの旨味と風味が活きています。またマーガリンを含めた油脂量でも2倍以上配合しており、パンの老化が遅い為、日がたっても固くなりにくい食パンです。

パンつくりのポイントは?
中種法を採用することで、ソフトな食感を引き出すと共に、風味豊かなパンに仕上げています。また、焼成時もソフトな食感が長続きする様に通常の製品より低目の温度でじっくり焼き上げています。
苦心するところは?
先程申しましたとおり、原料の配合、また仕込むに当たって、手間とコストを惜しまずにつくり上げる製品のため、月に1回のお届けしか出来ない点です。(※)
最後に商品アピールをお願い致します。
生クリームとバターを贅沢に使用し焼き上げた最高級食パン「ゴールドソフト」。
このヤマザキが自信を持ってお届けする「究極の食パン」を是非一度ご賞味下さい。
大変お世話になりました。
ありがとうございました。


※取材当時は月1回の限定生産でした。

製造担当の青山さん


ゴールドソフトご購入
工場見学 第2弾!
ゴールドソフトがおいしい!ワケ